リペ島 タイ(アジア)

Good morning to my friends !

(Koh Lipe,Thailand)
(リペ島、タイ)

タイ、サトゥン県のリペ島はマレーシア海域の端にあり、バンコクから行かなければならないのが悩みの種の、旅行者の秘密の訪問地の一つで、あまりお話ししたくありませんが、「ビーチ」/小説/映画シンドローム、には重要なので、こっそりお知らせします。

リペ島はかつて、まだ古風な海岸沿いの村に住んでいる、500の「チャオレー」または「海のジプシー」の家でした。
彼らは、フェリーボートから旅行者を拾ってビーチまで、ビーチからビーチまで、また島の周りのダイビングスポットから釣りスポットまで乗せていく、そのロングテールセーリング能力で収入を得ています。

リペ島は、まだ生き残っていてさらに進化しているヒッピー・コースのホットスポットの1つであるようです。
ここを訪れると、安楽な人生、素晴らしいビーチ、クールな人々と満月のパーティーが、あなたを思っていたよりも長く滞在したい気持ちにさせます。

Lipe island, Satun province, Thailand, at the border of Malaysian waters : Koh Lipe is one of the last traveler secrets in Thailand, firstly because it can be a pain in the neck getting there from Bangkok, but must importantly because it suffers "the beach"/novel/movie syndrom, I suppose who has been there doesn't want to word-to-mouth but keep it for oneself.

Koh Lipe was once home of the Chao Leh or "sea gypsies", 500 sea gypsies are still living in the quaint coastal village. Their revenue is partly coming from their longtail sailing abilities : picking up the traveler from the ferryboats to the beach, from beaches to beaches or from fishing to diving spots around the island.

Koh Lipe seems to be one of the hot spots of the still alive and ever evolving hippy trail : once you get there, easy life, gorgeous beaches, cool people and full moon parties tempt you to stay longer than you expected.